• 建設会社の今後を考える

    • 少し前までは公共事業の削減そして不景気のために売り上げが落ち込んでいた建設会社ですが、最近は回復しつつあるようです。

      その一つの要因は震災復興事業といえます。

      浜松でフレンチスタイルの輸入住宅の相談ならココです。

      震災によって建設の需要が高まり、人手が足りないほど建設会社は忙しくなってきました。そしてもう一つの要因はオリンピックといえます。
      オリンピックの競技場建設については、現在いろいろと問題が起きているようですが、本格的にオリンピック施設の整備が始まるならばかなりの人手不足が予想されます。


      人手不足は若者の建設業を離れが大きな影響を与えていると考えられます。

      建設業と辛い労働と危険が伴うというイメージを抱く人も多いはずです。
      これまでは他の業種よりも高い賃金が魅力となり、若い労働者をつなぎとめることになっていました。


      しかし今ではそのような高賃金を支払う体力が建設会社にはありません。

      末端の作業員ですとコンビニ定員の時給とそれほど変わらないこともあるそうです。
      そうであるならばより楽な仕事を求めるというのは当然のことといえます。



      建設業は若者にとって魅力がないと映っているようです。問題はそれだけではありません。
      建設の資材の高騰も今後見られるに違いありません。そのように考えますと建設業界を取り巻く環境というのは必ずしも楽観視できるものではありません。
      建設会社は否応なく人手を集めなければなりませんし、また、資材の高騰にも対応してゆかなければなりません。建設会社の経営者には先を見通す力が求められています。

      昨今、それまで建築の現場で業務に従事していた人々が定年等で大量に離職し、建設会社は顧客のニーズに対して十分に対応する事が出来ないケースが増えています。

      今後、住宅建設、様々な施設をつくる時に現場で働く事が出来る人材を確保する事が建設会社の課題になっています。以前であれば公共事業によって安定していた建設会社が多かったです。

      しかし、社会環境が変化し、業界内で生き残っていくためには受け身の経営ではなく、日々創意工夫を続けなければならなくなりました。

      何もしない会社は簡単に淘汰される時代になっています。


      難しい時代の中で生き残っていくためには時代や顧客のニーズに対して常に敏感でなければならないです。それにうまく対応する事が出来れば多くの人々から長期間にわたって信頼を得る事が出来ます。



      また、活力ある企業として多くの人々から尊敬されます。
      右肩上がりの時代であれば、受け身の経営であっても多くの利益を得る事は可能でした。しかし、現在はこのような姿勢では企業は維持出来ないです。

      常に関係者とより多くのコミュニケーションを取り、より良い方向に会社を動かす能力が重要となります。

      現在、建設会社はターニングポイントを迎えています。


      このような難しい時代に生き残る事が出来る企業は、過去にとらわれ過ぎず、過去の良い面をうまく活用しながら時代のニーズに合った対応が出来る事です。人材難、新たなシステムの構築と難しくもやりがいのある課題が多いです。

  • 関連リンク