• 建設会社の構造見学会を見にいこう

    • 家を建築するときに、地元の建設会社や工務店に依頼する場合、会社を中心とした施工エリアが決まっています。


      そのため、建築予定地に近い会社を選んだ方がよいです。


      基本的には、建設予定地の市町村と、その市町村と隣接する市町村あたりが目安です。
      また、会社を選ぶときには、最低でも5社ぐらいは取り上げて、会社の情報を得るようにしましょう。
      建設会社の情報は、ホームページや実際に会社に足を運ぶことで得られます。

      また、建設会社が行っている住宅見学会や構造見学会なども参考になります。


      住宅見学会は月に一回や二、三カ月に一回ぐらいなので、情報はこまめに確認した方がよいです。構造見学会とは、家の基礎や構造、屋根や外壁、断熱材などの工事が済んでいる状態で、家を見学できるものです。


      この見学会では、構造の強さや断熱材の良しあし、電気の配線や歓喜の配管などがわかります。

      素人ではわからないことが多くあるので、気になった事や疑問に感じたことなど質問して基本的なことを学びましょう。

      また、構造見学会が出来る建設会社だと、見られても困ることのない自信がある工事をしている証拠になります。
      そのため、比較的信頼できる会社だといえます。

      新聞チラシなどでも、建設業免許を取得しているかや第三者機関の住宅保証機関に加盟しているかなども確認するようにしましょう。

      家は、一生の高い買い物です。

      後から後悔しないためにも、事前の下調べや調査などは不可欠です。
      マイホームを建てるとき、なかなか決まらない問題は、どんな家を建てるかだけではなく、どこに頼んで建てるかという問題もあります。


      つまり、建設会社の選び方が難しいということです。

      なぜ難しいかといえば、依頼先は一つではなく、複数の種類があるからです。

      ハウスメーカーといえば建設会社の代表ですが、それ以外にも、工務店、設計事務所、分譲系ビルダーから購入するという選択肢もあります。



      このように依頼先には種類があり、しかも、その一つ一つで特徴が異なっているのでさらに厄介です。
      一体、どこの建設会社に頼めばいい家が建つのだろうか。



      こう悩んでる方も少なくないと思いますが、ここでは2つのポイントをご紹介しておきます。


      まず一つ目のポイントは、いろんな建設会社の特徴や長所、得意不得意、メリット、デメリットを比較してみることです。そうすると、どこの建設会社に任せれば自分たちのイメージが実現できるかが見えてきます。

      アルミサッシの情報を確認できるサイトです。

      会社の規模、施工実績、スタッフの対応、職人の技術、住宅価格など、比較できる要素はいくつもあるので、なるべく多くの要素を比較してみてください。次に、どこに任せたらいいかについて、プロの建築士にアドバイスを求めることです。

      建築士は建築のプロですから、どのように施工業者を選んだらいいかについても的確なアドバイスを与えることができます。素人では気づかないポイントもたくさん知っているので、ぜひ専門的なアドバイスを求めて相談してみましょう。

  • 関連リンク

    • 建設会社の構造見学会を見にいこう

      家を建築するときに、地元の建設会社や工務店に依頼する場合、会社を中心とした施工エリアが決まっています。そのため、建築予定地に近い会社を選んだ方がよいです。...

    • 賃貸物件の管理を建設会社に任せる

      賃貸物件を、いっぱい所有されている物件オーナー様は不動産管理会社ではなく、建設工事のプロである総合建設会社等に管理を依頼しています。大手不動産管理会社だから、管理をさせて安心という訳ではないです。...