• 建設会社の人手不足などの問題点

    • 建設会社では、今後東京オリンピックの開催や東日本大震災復興における建設により人手不足が懸念されています。
      高度成長期やバブル期までは、建設会社は非常に好景気で儲かる業界でした。
      ところが、バブル崩壊により建設需要自体が伸び悩むようになります。

      浜松リノベーションの情報を提供しているサイトです。

      そもそも公共事業が圧倒的に多かった時代には、人材も多く集まり好景気だったものが、その公共事業自体が予算削減などにより徐々に縮小されてしまったわけです。

      その結果、建設会社は儲からないとされ、公共事業などの仕事があっても入札で決められてしまい、安くしなければ受注できないといった悩みを抱えて今日に至っています。

      儲からないとされてしまった以上は、他の儲かる商売へと人材も移って生きました。
      その結果が建設会社などで働く人材不足です。
      今後、高度成長期などに開発された道路などが傷んできており、その修復なども行わなければなりません。
      その人材についても不足しており、仕事はある一方で人材不足から手が上がらないという皮肉な結果になってしまっている状態です。

      今後、東京オリンピックや東日本大震災の復興需要が相応にある以上、人材の確保に躍起になっている状況ですが、かつて現場で働いていた人も高齢化を迎え、人材不足に拍車をかけています。

      箱モノを作ってもその維持管理がままならない時代が来ているわけです。
      その解消に向けて人材の確保を業界だけではなく、行政なども真剣に考える時が来ていると言えるでしょう。

      このサイトで会議室の研修の総合案内サイトです。

      賃貸物件で、どうしても決まらない物件があります。


      このような場合は、「不動産業者」ではなく建設会社に相談をした方が良いです。

      その理由としては、世の中の賃貸物件の探しをしている人のトレンドにあっていない可能性があるからです。古い賃貸物件であるとアメニティが古いことがあります。


      ?和室トイレのままである?風呂釜がバランス釜である?エアコンが古いタイプである?壁が塗り壁である?床が畳のままであるこのような場合、「不動産業者」は、あまりアドバイスをしないケースがあります。

      その理由としては、アドバイスをして決まらなかったら、オーナー様から責められてしまうと思うからです。
      また工事に関して、あまり詳しくないのが原因でもあります。

      その点、「建設会社」は様々な物件の「新築やリフォーム」の業務に携わっているので、今の賃貸物件のアメニティのトレンドに熟知しており、他のオーナー様が、どのような「空き賃貸物件の対策」をしているかの情報を大量に持っています。

      この情報は、不動産業者では決まった物件のデータ情報からでしかアドバイスしかできないからです。不動産業者は、「最終的な借主」のニーズ情報を知っています。

      あなたにオススメの大崎の会議室に関する情報が幅広く集まります。

      建設会社は、「他のオーナー様の対策」の情報を知っています。
      二つのプロと上手に付き合うことが、空き物件対策の最大の近道です。
      不動産業者だけが、不動産のプロではなく建設会社もまた、不動産のプロであります。
      不動産会社と建設会社の両方の意見を参考にして、空き賃貸物件の対策を、一日でも早く解決する事をお勧めいたします。

  • 関連リンク

    • 建設会社の構造見学会を見にいこう

      家を建築するときに、地元の建設会社や工務店に依頼する場合、会社を中心とした施工エリアが決まっています。そのため、建築予定地に近い会社を選んだ方がよいです。...

    • 貸会議室を有効利用する

      首都圏など都市部では物価の高さも相まって、会社を設立しても大きな面積を保有することは難しくなるつつあります。そのため最低限の仕事をできる空間だけで、大勢が入れる場所は少なくなっています。...